メールでやり取りしている人から「トライオートFXを開始しました!」との報告が。

え!?トライオートFXですか?

見てみるとリピート注文系システムトレード(自動売買)のようですし、何よりトルコリラ円を取り扱っていたので、試しに口座開設してみました♪

トライオートFXの評価評判

チェック項目 評価評判検証
◎:コスト 1,000通貨から取引可能
スプレッドも小さい(ドル円0.3円)
〇:取扱数 全17通貨
トルコリラ/円があるのは高評価
〇:初心者 自分で作成するのは少し考える
ランキングやお薦めを選べばOK
◎:安全性 JASDAQ上場企業
証拠金信託先は三井住友銀行が管理
〇:品揃え 全自動+半自動+裁量
〇:サポート AM8時-PM9時フリーダイヤル対応
管理人も設定の仕方で電話しました


トライオートFXの特徴と設定

オートパイロット注文

オートパイロット注文(AP注文)とは、トライオートFX最大の特徴であり、自分で思い通りの「新規⇒決済⇒新規」を繰り返すIf Done注文を設定します。

オートパイロットとは人間の裁量(マニュアル)取引を補助するという意味の、半自動の仕組みを作る設定です。

また下記の図のようにオートパイロット注文+セーフティ設定で、自動売買+相場が自分が想定した反対方向に進んだ(円高だと思っていたら思っていた以上に円安になった)場合の自動停止を設定します。

セーフティ設定機能はありがたく、これで少しは安心ですね♪


トライオートFX-オートパイロット注文-

仕掛けランキング

上記設定が難しい、相場の方向性(買いor売り)やどこまでの値幅を設定して良いか分からないなど初心者の方は、投資資金からあなたに合った自動売買の設定を、期間ごとの利益(儲かった)ランキングやプロが提案してくれます。

FXのプロフェッショナルが相場観や予想により選択した設定、大手金融機関の予想などを基に作成した設定を選んでも良いですし、単純に今利益が出ている(儲かっている)設定を選んでいる設定を選んでも良いです。

こちらは上記のオートパイロット注文に比べて、設定を選ぶだけの全自動設定ですね♪


トライオートFXランキング


上の図ランキング1位の設定は、ドル円10,000通貨を500pipsのレンジ幅に利益確定幅25pipsの注文を20本を仕掛け、相場の上下に追尾していく設定です。

アイコンは左上から、通貨ペアNo.1、最近絶好調、売りポジション、追尾機能あり、3人のプロが推薦し、金の卵。

約183万円の資金が必要だけれども、6ヶ月間で118.5万円の利益があり、利益率67.46%と年率に直すと約135%と、恐ろしい利益をあげている設定ということになります。

上の図ランキング2位の設定は、単純に上記1位の設定の半分、ドル円を5,000通貨にした場合ですね。

これなら半分の必要資金で始められますし、ランキング10位のドル円1,000通貨設定なら、約18万円で始めることができます。

裁量(マニュアル)取引

もともと裁量(マニュアル)取引に対しても十分使いやすい仕組みが整っていましたし、2月の大リニューアルの結果、裁量(マニュアル)取引は本格派のデイトレーダーにも満足いくスペックにアップグレードしました。

米ドル円(USD/JPY)0.3銭という業界最狭水準のスプレッドになりましたし、レートをクリックするだけで売買できる「マニュアル専用パネル」も加わりました。

これなら、わずかな値動きも収益にチャンスに変えることが出来ます。

また、最低取引単位が1,000通貨単位と引き下げられ、気楽に手軽に取引できるようになりました。

いつもはシステムトレード(自動売買)、重要イベント時は裁量取引、という二刀流の取引スタイルも良いと思います。

トライオート
10,000円キャッシュバック!



トライオートFXのメリット

  • 全自動の自動売買システム(設定)
  • 自分でシステム(設定)を作ることも可能
  • ツールも充実、スマホでランキング確認
  • 初心者でも安心の1,000通貨単位での取引
  • レンジ追尾機能搭載!もう相場予想で悩まない

全自動の自動売買システム(設定)

上記の仕掛けランキングを利用すれば、テクニックやスキルも必要なく、FXを始めることができます。

しかも期間ごとの利益(儲かった)ランキングやプロが提案(お勧め)してくれる設定を選ぶことができるので、悩むことも少なく、視覚的にも分かりやすく選択できます。

成功し(儲け)たら利用者の見る目があり、失敗し(損し)たらプロのせいです(笑)

心理的負担が軽く、気が楽です。

自分でシステム(設定)を作ることも可能

だいたいは、上記ランキングで事足りますが、細かい設定をしたい、もう少し幅を持たせたい(管理人のように損切幅を広げたい)場合は、自分でシステム(設定)を作ることができます。

それがオートパイロット注文です。

注文自体の処理はシステムが行い自動で売買を行ってくれますが、発注の方法は利用者が立てた戦略によって行います。

まあ、通貨ペア選ぶ、売りor買い、いくらで利益確定、いくらで損切りなど数字を入れていくだけですけどね(笑)

たいていは上記ランキングを参考に、設定をちょこっと変える程度だと思います。

ツールも充実、PCはもちろんスマホも充実

自動売買、半自動売買システムを売りにしているだけあって、その関連のツールは充実しています。

自動売買の仕掛けランキングはアイコンなどを多用し視覚的にも見やすく、プロが推薦!ということもあり、初心者に選びやすい仕組みとなっています。

ランキング形式でいくら儲かったか(利益が出た)か、必要資金はいくらか、がすぐ分かるのも高評価です。

また自分で作る(設定する)際の仕掛けシュミレーターと呼ばれるツールも評判が高く、上記のように数字を入れていくだけなのですが、自分で戦術を考える手助けをしてくれるチャートや、過去の値動きを参考にどのくらいの利益をもたらしてくれるのか、といったバックテストを行うことが可能です。

特にバックテストは便利ですね、どのくらい儲かったか(利益でたか)の収益率や勝率、必要目安資金も確認できます!

またPCだけではなく、スマホでも仕掛けランキングなども確認できるため、外出先でも確認や注文をすることも問題ありません。

初心者でも安心の1,000通貨単位での取引

トライオートFXは、1,000通貨単位からの取引が可能です。

仕掛けランキングには設定ごとの必要資金も載っているので、1,000通貨で18万円の必要資金があれば、1年間で11万円。

年利120%という、恐ろしいことも可能です。

(ドル円1,000通貨を500pipsのレンジ幅に利益確定幅25pipsの注文を20本を仕掛けた場合、あくまでもバックテストの結果です)

レンジ追尾機能搭載!もう相場予想で悩まない



トライオートFXのデメリット

手数料がかかる
iサイクル注文トラッキングトレードもそうですが、手数料がかかります。

取引数量1万通貨未満の場合、新規⇒決済で2.0pipsづつ(1,000通貨で片道20円)

取引数量1万通貨以上10万通貨未満、新規⇒決済で1.0pipsづつ(10,000通貨で片道100円)

取引数量10万通貨以上の場合、新規⇒決済で0.5pipsづつ(100,000通貨で片道500円)

となっています。

かかる手数料は普通というか、良心的(安い方)ではあります。

まあ、他と比べて高いと都合が悪いですから、他社を見ながら…かもしれません。

テクニックやスキルの勉強も必要ない。

お金のために働くのではなく、お金を働かせる。

ほったらかし分の手数料と考えるしかないですね。


インヴァスト証券 トライオートFX